【トリビア~ン台湾】Vol.150 「夏季電気料金」って何?


台湾では「夏季電気料金」なるものがあると聞きました。一体いつからいつまでで、ほかの期間とどう違うんでしょうか。

 
 


台湾電力では、6月1日から9月30日までを「夏季電気料金期間」としています。1度=1000Wで120度以上の場合適用され、約13~21%増となります。

<解説>
 夏季はエアコンや扇風機など電気使用量が増えるため、電力コストを考慮し1989年から夏季料金が設定されています。
台湾では電力を「度数」で計算し、1度=1000W(1kW)。夏季料金は121度以上から適用され、通常が1度当たり2.10元であるのに対し、夏季は2.38元と約13%増。
また331~500度、501~700度と段階的に区分されそれぞれ料金が高くなっていきます。なお2023年4月から701度以上の使用料が値上がりしました。

請求は2カ月に一度請求書が届く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本の高級理容室「ヒロ銀座」が、8月31日(土)まで、新スタイリストの櫻井さんを指名すると「ヘッドス…
  2.  中華といえば酢豚、とにかく酢豚が大好きな家族のために、今日も酢豚をデリバリ…
  3. 日本の創作和菓子専門店「源吉兆庵」が、台湾創業10周年を記念し、台北本店をリニューアルオープン。これ…
PAGE TOP