財布失くし徒歩で帰省 警官が自腹で援助申し出

台中市に住む45歳の男性が4月5日(水)、雲林縣の実家に帰る途中で財布をなくし、徒歩で帰路に着いているところを通りすがりの警官が発見、自分の財布から電車賃を渡すという出来事があった。
圖/自由時報
警官によると同日朝8時頃、台中市郊外の大肚駅付近をパトロールしていたところ、男性がうろうろしているのを発見。困っている様子を見て声をかけると、男性は近年失業し台中へ出稼ぎに来ており、今回は法事のため雲林縣の斗六にある実家へ帰ると話したという。

警官は男性が自宅からすでに8kmを歩いていることを知り、駅に援助を申し入れたが受け入れられず、自腹で切符を買って渡した。
(4月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣林内郷の国道3号線で、3月31日(日)朝8時頃、ルリマダラの大量発生が観測された。交通部高速公…
  2. 問近頃、YouBikeが最初の30分無料になったので、なかなか自転車をゲットできません。そこにポツ…
  3. ネット掲示板に近頃、台北市内の路上に置かれた公共のゴミ箱に、外国籍とみられる人物が自宅またはホテルか…
PAGE TOP