九份にもキョンシーが登場 昇平戯院そばで特別展を開催

新北市九份で、7月15日(金)より開催される「鬼怪伝説特別展」で、陳列される「キョンシー(殭屍)」の人形6体の搬入作業が12日(火)夜に行われた。現場に居合わせた観光客が撮影した写真がネット上で拡散され、注目を集めている。

今回特別展を開催する九份の「昇平戯院」そばの会場では、展示物の搬入作業に際し「キョンシー(殭屍)」の人形6体が路上に並べられ、観光客らはその恐ろしい外見から遠巻きに撮影し逃げ帰っていたという。「キョンシー」は台南市美術館で開催中の展覧会でも目玉となっており、ネット上では「台南から跳んできたのか」といったコメントが相次いだ。

(7月13日)

圖/appledaily

圖/appledaily

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市松山区のサウナ施設で5月13日(月)、男性客がマッサージ師の女から性行為を強要されたとして警察…
  2. 旧ソ連に創られた美しい風景「ソヴィエト・バス・ストップス」監:クリストファー・ハーウィグ中国語…
  3. 台中市にある工業用プラスチック関連の企業が週休3日制を導入し、注目を集めている。 同社は…
PAGE TOP