集積ごみにガスボンベ 爆発・引火で火傷負う

新北市土城区で1月4日(火)、業者が収集したごみの中に入っていたガスボンベが爆発し、作業員2人が火傷などのけがを負った。

ガスボンベはカセットコンロなどに使われる小型のもので、収集車に積み込み圧縮したところ爆発。わずかに火が付き、作業員2人が首や耳などにそれぞれ一度の熱傷を負い病院で治療を受けた。
清掃局ではごみを捨てた人物を割り出し、賠償など責任を追及する方針。

(1月4日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP