介護実習生に減点処分 入居者の口にテープ貼る

高雄市立民生医院付設の介護施設で昨年10月、実習中の学生が入居者を黙らせるため口にテープを貼っていたことが近頃報じられ、同医院は1月4日(火)、当該の学生を減点及び観察処分としたことを明らかにした。

市衛生局の調査によると、学生は台南市の看護系専門学校の生徒で、昨年10月、1人の男性入居者の精神状態が不安定で、大声を出すなどしていたのをなだめたもののなかなか静まらず、ほかの入居者への影響を考え男性の口にガムテープを貼ったという。同医院では入居者が口にテープを貼られていたのは10分程度で、同施設の職員が異常に気付き直ちにやめさせたと説明している。

(1月4日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP