ソーダグリーン著作権訴訟 元マネージャーが訴追を撤回

圖/環球提供

 ロックバンド「蘇打綠(ソーダグリーン)」のボーカル・呉青峰が元マネージャーの音楽プロデューサー・林暐哲から訴えられていた件で、青峰を無罪とする6月の一審判決に対し、林暐哲はこのたび判決を受け入れ、民事でも訴追を撤回した。
呉青峰は2018年末、林暐哲が経営するマネジメント会社との契約を解除。しかし林暐哲が蘇打綠のすべての楽曲に関する著作財産権を主張し、呉青峰を刑事告訴していた。
また林暐哲はバンドの公式サイトのログイン情報を変更したとしてメンバーの謝馨儀も告訴していたが、いずれも訴えを取り下げた。
(9月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 1 五倍券申し込みスタート初日にシステムダウン発生 2 板橋…
  2.  某国立大学が、考古学の発掘作業員を募集。この求人情報が注目を集めている。 求人…
  3. 圖/自由時報 基隆市で今年6月の警戒レベル3級期間中に、5人が一室に集まり麻雀をしていた…
PAGE TOP