陽明山公園で水牛が大量死 死因は長期的な栄養失調

陽明山国家公園で、近頃野生の水牛が大量に死んでいるのが見つかった件で、台北市動物保護處は12月21日(月)、長期的な栄養失調が死因であることを発表した。

報道によると18日(金)に4頭の死骸が見つかり、11月からの累計で24頭に及ぶ。専門家は、今年は水牛の頭数が増加した一方で、雨天により牧草の栄養価が下がったことが原因とした。

動物保護處では公園内に緊急栄養補給所に設置し、タンパク質やミネラルなど栄養価の高い飼料を用意する方針。また公園を訪れる人に対し、むやみに餌を与えないよう呼び掛けている。
(12月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターが、さらに拡大している。中央流行感…
  2. デパート・モール 微風 新光三越 遠東百貨 誠品 その他…
  3. 飲食・美容(エリア別) 台北駅/中山/南京東路 古亭/台電大樓/公館…
PAGE TOP