女性議員のストーカー 要件不足で不起訴に

桃園市議会議員の朱珍瑤氏がストーカー被害を訴えていた件で、桃園地方検察署は支持者の男を罪状要件不足で不起訴とする決定を下した。

朱氏は2009年のミスアジアコンテストで銀メダルを獲得、美貌と頭脳を兼ね備えた才媛で知られる。朱氏によると、昨年6月頃から支持者の男が頻繁に電話やメールなどで連絡をしてくるようになったという。また8月には朱氏のオフィス宛に聖書を送り付け、「神が私たちに結婚するよう言っている」などと主張した。

しかしながら検察では、男の行為はハラスメントに該当するものの「強制罪」などの構成要件を満たしていないとして起訴を見送った。朱氏は男の行為を止めさせるため告訴する意思を表明している。

(3月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長期に渡り国外に滞在している国民が、少額の健康保険料のみを支払い医療サービスを受けている件について、…
  2. 頭から足までスッキリ仕事から直行もOK台北駅から徒歩圏内でアクセス抜…
  3. 高雄市林園区に住む40歳代の女性が中国から帰国後、自宅隔離期間中の9月21日(月)に遺体で見つかった…
PAGE TOP