筆談の落とし穴 vol.28 ~ 「気味」が悪いのはニオイ?

説明しよう!

 「気味」は中国語で「ニオイ、香り、臭気」の意味である! 日本語の〝気味〟を指す中国語は「感触、心情」などが当てはまり、「気味が悪い」は「可怕(的)」などと訳される。

 山本さんは会議室の薄気味の悪さを伝えたかったのだが、王くんは「B会議室は悪臭が漂っている」と言っているものと誤解した。王くん、山本さんが香水を使うからといって、ニオイに敏感な人だとは限らない。そもそも香水を振りまくのは、嗅覚が鈍いからという可能性も大きいぞ。

 それから山本さん! いくらオシャレにキメていても、そんなに怖がりじゃカッコ悪い。第一、来社した取引相手を薄暗い部屋に案内するのはよくないだろう。王くんが消臭剤を手に入れたら薄暗い会議室に連れていかれるだろうから、きちんと照明を指さして「暗い」と伝え改善を指示しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP