筆談の落とし穴 vol.10 ~「馬馬虎虎」は馬鹿の親分?

説明しよう!

「馬馬虎虎」は中国語で「まずまずである、それほど悪くない」という意味である! 「いいかげん、大雑把」という意味もあるが、日本語の「馬鹿」とは何の関係もない。また「馬鹿」を指す中国語は「笨蛋、儍瓜」だ。

王くんは試験について「まあまあできた」と謙遜して言いたかったのだが、山本さんは王くんが試験の解答欄を1つ間違えたか何か、ばからしいミスを犯したと思い込んでしまった。山本さん! 「馬馬虎虎」を「馬馬鹿鹿」と言い替えても、誰にも通じないぞ。

ちなみにこの言葉の由来は宋代に遡る。ある画家が虎を描いている途中で「馬を描いてくれ」と頼まれ、虎の頭に馬の身体を描いた。その絵を見た2人の息子にも「虎だ」「馬だ」と好きに答えたことで、上の息子は誤って他人の家の馬を射てしまい、下の息子は虎に食われたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP