筆談の落とし穴 vol.6 ~妖怪みたいな「妖精」さん?~

説明しよう!

「妖精」は中国語では「怪物、妖怪」という意味である! 「妖」、「精」と単独で使う場合も共に〝物の怪〟のことを指す。

会話中、山本さんは王くんの恋人を『ピーター・パン』に出てくるティンカー・ベルのように可愛らしい妖精に例えて美しさを褒め称えたかったようだが、王くんはそれを「妖怪のように醜い」と言われたと思い込んでしまったのだ。山本さん! 日本で言う〝妖精〟や欧米の〝フェアリー〟的なイメージを伝えたいなら、「小仙女、小仙人」を使うのが正しいぞ。

王くん! 山本さんのメガネを新調させたところで、結果は同じだ。「妖精」の絵を描いて山本さんに見せ、中国語での「妖精」のイメージを伝えてあげてはどうだ? 早退の許可が取り消される可能性は大だが、これも相互理解のためだ、涙を呑んで伝えるべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で11月15日(水)、大型犬を透明のリュックに入れバイクに乗る人の姿がネット掲示板に投稿され、…
  2. 昨年、桃園市中壢区で摘発された詐欺グループの幹部らの裁判で、台北市士林地方法院は11月22日(水)、…
  3. 12/2 Sat【コンサート/CONCERT】今回のテーマは「東方サイ…
PAGE TOP