熱傷で衰弱した猫放置 虐待の疑いで男性を聴取

台南市内の住宅街で4月23日(土)午前、学校敷地内で衰弱した猫が発見され、動物病院に運び込まれたがまもなく死亡した。担当医師によると猫は頭から熱湯を浴びており、死因は重度の熱傷。医師は虐待を疑い警察に通報した。

警察は監視カメラなどの映像から23日(土)深夜、男が自転車で同学校敷地内に入り、猫を放置する様子を確認。26日(火)午後、男を取り調べたところ、男は虐待を否定。野良猫を拾い自宅で飼おうと連れ帰ったが、猫が自宅内で暴れ熱湯の入った瓶を倒して頭から熱湯を被ってしまい、どうしていいかわからず外に放置したと説明した。

(4月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 隔離期間の短縮や入国規制の緩和など、コロナ禍もそろそろ収束の兆しを見せるこの頃。学校は夏休みに入…
  2. 新北市中和区で2歳男児「恩恩ちゃん」が新型コロナウイルス感染による合併症で亡くなった件で、男児の母親…
  3. ジャガイモを求めて私はそもそも外国料理が好きな方だけど、中でも1、2…
PAGE TOP