台北「ソフトロックダウン」 市長が感染拡大を懸念

台北市の柯文哲・市長は4月26日(火)、新型コロナウイルスの感染拡大により、台北市の感染者数がこのまま増加すれば「ソフトロックダウン(軟封城)」を検討すると発言した。

市長はこのまま感染が拡大すれば、5月7日には市内で1万人を超えると予想。ソフトロックダウンは昨年の三級警戒同様、店内利用を禁止し、学校や企業も在宅でのオンラインに切り替えると説明した。

(4月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 隔離期間の短縮や入国規制の緩和など、コロナ禍もそろそろ収束の兆しを見せるこの頃。学校は夏休みに入…
  2. 新北市中和区で2歳男児「恩恩ちゃん」が新型コロナウイルス感染による合併症で亡くなった件で、男児の母親…
  3. ジャガイモを求めて私はそもそも外国料理が好きな方だけど、中でも1、2…
PAGE TOP