【トリビア~ン台湾】Vol.48 台湾のお店で冷たい水が出ない理由とは?

先日、暑かったので涼しいところでひと息つこうとカフェに入ったら、最初に出てきたのはぬるいお湯。冷たい水って出してもらえないんでしょうか?

台湾では東洋医学の観点から、冷たい水は身体によくないものとされています。温かい水は人間の体温に一番近いので、身体が受け入れやすいんですね。

<解説>

日本では冬でも冷たい水を提供しますが、手足が冷たくなる末端冷え症体質の方にはオススメしません。台湾の女性は、特に生理中には冷たいものを飲みません。36~37度くらいが最も身体に合うと漢方医も話しているように、身体は温かい水を受け入れやすいだけでなく、冷たい水を飲むと、新陳代謝も悪くなるからですね。

ドリンクスタンドでも。氷なし「去冰qùbīng」が選べます。冷たい飲み物が苦手な方は、ぜひ頼んでみてはいかがでしょうか。

 

氷の量に温度も思いのままオーダー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP