【トリビア~ン台湾】Vol.32 箸とレンゲを使いこなす!台湾での食事マナー

台湾の人は食事の際、箸とレンゲの使い方がすごく上手だなといつも感じます。使い方などに決まりがあるのでしょうか?

台湾を含む中華圏の食事文化では、お皿を持ちあげることはタブーとされています。ですので、箸をサポートする形でレンゲが使われるのでしょうね。

<解説>

ちょっと高級な中華系のレストランに行くと、自席中央にいくつかの取り皿が、右側に箸とレンゲが置かれていることが多いですね。レンゲは少し深めの小鉢に添えられ前方に置かれていることもあります。

正式なマナーとしては、取り皿や麺類の器に口をつけて食事するのは不作法。また、ご飯類もタレや餡がかかっていて、箸だけでは食べにくい料理が多いです。そのため、箸とレンゲを器用に使って食事する人がほとんどですね。初めは戸惑うかもしれませんが、慣れてくると案外便利ですよ。

取り皿は同じものを使わずに取り換えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP