白線を赤線に塗り替え 違反切符に猛抗議

桃園市中壢区で4月1日(金)、女性が白線の引かれた一般道上に車両を駐車させたが、車に戻ったところ白線が駐車禁止の赤線に塗り替えられ、違反切符が切られるという出来事があった。

女性がSNS上に投稿した写真によると、車両のタイヤ真下部分のみ白線が残っており、駐車後に赤線に塗り替えられたのは明らか。女性は違反切符の無効と、タイヤやバンパー部分に付着した赤いペンキにも憤慨している。

市によるとこの道路で上下水道の工事を行うに当たり、安全性を考慮し駐車禁止としたが、女性が駐車した直後に線の色の塗り替え作業が行われたうえ、赤線の上に駐車されているのを見た近隣住民が警察に通報、違反切符が切られたことがわかった。なお違反切符については無効となったという。

(4月11日)
 圖/自由時報
 圖/自由時報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 掲示警察局駐外連絡官の報告によると、昨年12月までに国外で薬物関連の犯罪により身柄を拘束されている台…
  2. 説明しよう! 「手紙」は中国語では「トイレットペーパー」のことを指すものである。日本語であれ中国語…
  3. ネット掲示板では近頃、年末ボーナス額を報告し合い各業界の差異を比較する現象が起きている。ある…
PAGE TOP