コンビニ商品にカビ 元店員らが齟齬を指摘

桃園市に住む男性が、近頃コンビニで購入したおにぎりにカビが生えており、賞味期限を8日過ぎていたとしてクレームを入れたことをネットに投稿。しかしコンビニでのアルバイト経験者らから「システム上起こり得ない」と指摘され、男性は投稿を削除した。

男性はレシートも公開していたが、コンビニの監視カメラ映像などを検証した結果、自らの過ちに気づいたとして謝罪文を寄せ「この件はこれで終わり」と綴った。

(4月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP