2020年の平均寿命 「不健康年数」8.5年

 内政部はこの度2020年の平均寿命を発表。台湾人の平均寿命は81.3歳で、10年前と比較し2年延びたことがわかった。

 一方で19年の「健康的に過ごせる年数」は72.39年で、「不健康年数」は8.47年。「不健康」は障がいがあったり、寝たきりだったり、慢性的な病を罹患した状態を指し、平均寿命の長さと比例して増加しており、社会が負担する医療費などが懸念される。

(8月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP