リゾート民宿で盗難事件 オーナーと客が敵対

圖/爆料公社

 墾丁にある民宿で、客室から宿泊客の財布が盗まれたとして通報があり、宿泊客と民宿オーナーが相互の過失を疑い揉めるという出来事があった。

 宿泊客は苗栗から7人で墾丁を訪れ、この民宿に宿泊。しかし同日夜、2人部屋に置いたままの現金約30万元が入った財布が紛失した。宿泊客はオーナーがカードキーを持ち部屋に立ち入ったとみて通報した。

 宿泊客はオーナーが網戸を閉めるために部屋に入った際に財布を盗み、またバイクで出かけた際「ゴミを捨てに行く」と言ったがゴミを積んでいなかったなど不審な点を指摘。さらに監視カメラは電源が入っていたものの、一切の映像を記録していなかったという。

(8月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP