ワクチン副作用を緩和 解熱鎮痛剤の需要増

 新型コロナウイルス予防のワクチン接種が進む中、副作用による発熱や筋肉痛などに備え、解熱鎮痛剤の需要が高まっていることがわかった。

 薬剤師によると、よく売れているのは「EVE」「普拿疼」「力停疼」「得百利寧」「亞細達錠」。特に「EVE」「普拿疼」は売り切れるほど人気だという。しかし「普拿疼」は4種類あり、うち「伏冒」は副作用緩和に適していないとして、注意を呼び掛けている。

(8月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP