「全国民の記念日に」 総統府のアミ族報道官

圖/翻攝自Kolas Yotaka臉書

 「先住民の日」に当たる8月1日(日)、アミ族で総統府のコラス・ヨタカ(谷辣斯・尤達卡)・報道官はこの日を「先住民の記念日ではなく、台湾国民すべての記念日だ」と話した。

 先住民はかつて「番仔」や「山地人」「山地同胞」などと呼ばれたが、差別的な意味を含むとして1994年8月1日に「原住民(先住民)」に改称。またこの日を「先住民の日」とし、民族の権利回復や歴史の再認識に努めている。

 一方、近頃小学生向けの国語教材に、先住民を蔑視する表現が見つかり、アミ族の花蓮縣議員が抗議した。教材は2008年から使われており、「山地同胞」や「アミ族の文化は送れている」などの記述があった。

(8月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP