ワクチン自費接種がスタート 全土31カ所で予約受付中

 台湾各地で4月21日(水)、新型コロナウイルス感染予防ワクチンの自費接種がスタート。中央流行感染症指揮センターによると、20日(火)16時の時点で21日(水)~24日(土)にワクチン接種を予約した人が3802人となったことがわかった。

 自費接種用のワクチンはアストラゼネカ(AZ)社製で、1万本を用意。全土31カ所の医療機関で接種用の外来を設置し、予約を受け付けている。なお一部地域では4月末~5月初旬までの予約が埋まり始めており、台北市の台大医院ではすでに5月3日(月)までが定員に達している。

 自費接種の対象者は台湾籍・外国籍を問わず、ビジネスや留学など出国事由のある人。接種にかかる費用は受付費、注射代、医師の診察費で400~600元。

 なお台大医院のスタッフは1507人が接種済みで、うち7%の100人余りが副作用で発熱した。

(4月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターが、さらに拡大している。中央流行感…
  2. デパート・モール 微風 新光三越 遠東百貨 誠品 その他…
  3. 飲食・美容(エリア別) 台北駅/中山/南京東路 古亭/台電大樓/公館…
PAGE TOP