ガーディアン紙の駐在記者 「台湾に住めてよかった」

 昨年から台湾に赴任するイギリス「ガーディアン」紙の記者が、台湾での生活についての記事で「ここに住むことができてよかった」と記している。

 ヘレン・ダビッドソン記者は昨年10月、オーストラリア・シドニーから台湾に赴任。隔離期間を経て台湾生活におけるCOVID-19の影響について綴っている。

 台湾は島国という条件を最大に生かし、200日以上も感染ゼロを記録。その一方で当局の対応の遅さや、移民労働者への対応の「ダブルスタンダード」が存在するなど、台湾の現状を鋭く指摘している。

 なお英政府は15日(木)、台湾人の入国に際し隔離不要とする緩和策を公表している。

(7月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚したものの「児童・少年福利権益保…
  2. ドリンクチェーン「可不可熟成紅茶」新竹關埔店で7月14日(日)夜、閉店間際にデリバリーのオーダーが入…
  3. 芸術劇団「玩勮工廠(Toy Factory)」が9月7日(土)~29日(日)、ミュージカル「百舌(M…
PAGE TOP