霧社事件リーダーの墓に漏水 遺族が夢のお告げで発覚

日本統治時代の台湾で抗日闘争「霧社事件」の犠牲者を追悼する式典を前に、闘争を率いたセデック族の頭領モーナ・ルダオの墓を修復する作業が行われることになった。
墓は南投縣仁愛郷の霧社事件紀念公園内に設置されており、10月27日(日)の式典を前に、犠牲者遺族代表の男性が「モーナ・ルダオが夢枕に立ち『冷たく濡れて寒い』と言った」と訴えたため調べたところ、墓の一部が破損し水が染み込んでいたことがわかった。霧社事件は来年で90年目の節目を迎え、ルダオの遺骨が安置されてから40年になる。
(10月16日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 韓國瑜・高雄市長が5月19日(水)、市議からの質問に対し「高雄ディズニーランド」の実現は困難として政…
  2. 彰化縣に住む男性が昨年5月、PV数を獲得するため個人宅に侵入し葬礼の儀式「送肉粽」を生中継した件で、…
  3. COVID-19の感染拡大による影響でスナックやキャバレーなど8業種が営業停止対象となった件で、5月…
PAGE TOP