エバー航空客室乗務員 隔離規定違反で解雇

 長栄(エバー)航空の客室乗務員が、近頃隔離検疫規定を破り外出していた件で、同社はこの度同乗務員を解雇したことがわかった。

 台湾では航空社スタッフに対し、隔離期間を3~5日に短縮する特別措置を実施。しかし同乗務員はこれを遵守せず、親戚宅を訪問したほか友人と外食、セミナー参加、運動など外出していた。さらにSNS日時を偽り投稿するなど、故意に調査を回避し処罰を免れようとした。(12月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 掲示警察局駐外連絡官の報告によると、昨年12月までに国外で薬物関連の犯罪により身柄を拘束されている台…
  2. 説明しよう! 「手紙」は中国語では「トイレットペーパー」のことを指すものである。日本語であれ中国語…
  3. ネット掲示板では近頃、年末ボーナス額を報告し合い各業界の差異を比較する現象が起きている。ある…
PAGE TOP