金門の絶景スポット 満潮で退路絶たれる

金門島の南西部に位置する建功嶼にて、11月16日(土)、大学生7人が満潮のため本島に戻れなくなり、海岸パトロール員に発見され無事に帰り着くという出来事があった。
建功嶼は本島から100㍍ほど沖にあり、干潮時に海水が引き現れる石畳の歩道を歩いて渡ることができる。福建省にほど近く、絶景が楽しめる観光スポットとして人気で、7人は同日20時頃島へ渡ったが、戻ろうと思った時には潮が満ちており、進退窮まる状況に。叱られるのを恐れ救急通報もできずにいたところ、パトロール員に発見されたという。
(11月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行疫病情況指揮センターは3月25日(水)、国民に対し屋内で100人、屋外で500人を超えるイベ…
  2. 南投縣水里郷の男子中学生が3月20日(金)、同級生の少年に向かって投げつけたカッターナイフが相手の頸…
  3. 台湾の女性タレント劉真が3月22日(日)22時22分、台北市内の病院で亡くなった。44歳だった。…
PAGE TOP