配送スタッフ賃金問題 3エリアで連帯行動

デリバリーサービスの「foopanda」が先日配送スタッフの給与計算方式を改訂したことを受け、北部・中部・南部エリアのスタッフが1月16日(木)、新給与規定を拒否する意思表示としてストライキを敢行。

同社規定によると、配送件数が100件以下の場合、旧規定では報奨金なしで7000元だったのに対し、新規定では6000元。200件以下では基本給+報奨金で旧規定が14150元に対し、新規定は12500元と、約20%の引き下げとなった。同社では昨年10月に報奨金額を引き上げている。

スタッフらは会社側から満足のいく回答が得られない場合、さらに旧正月後にも大規模なデモ行進を行うとしている。
(1月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP