配送スタッフ賃金問題 3エリアで連帯行動

デリバリーサービスの「foopanda」が先日配送スタッフの給与計算方式を改訂したことを受け、北部・中部・南部エリアのスタッフが1月16日(木)、新給与規定を拒否する意思表示としてストライキを敢行。

同社規定によると、配送件数が100件以下の場合、旧規定では報奨金なしで7000元だったのに対し、新規定では6000元。200件以下では基本給+報奨金で旧規定が14150元に対し、新規定は12500元と、約20%の引き下げとなった。同社では昨年10月に報奨金額を引き上げている。

スタッフらは会社側から満足のいく回答が得られない場合、さらに旧正月後にも大規模なデモ行進を行うとしている。
(1月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは6月30日(火)、国内で生産するマスクの収用措置を12月末まで継続するこ…
  2. 無限大の組み合わせ現在台湾に4店舗を構える「ベジテジや」、台北在住日本人にはもはや定…
  3. 先週のニュース トップ51 国民党が立法院占拠 陳菊・監察院長就任に反対で&nbsp…
PAGE TOP