観光客へのサービス 協力店舗を大募集

台北市觀光傳播局は8月27日(火)、Wi―Fiの提供やトイレの貸用など旅行客へのサービスを提供する「借問站(インフォ・ステーション)」協力店の募集を開始した。
「借問站」は現在25店のみで、同局はこれを拡大したい考え。募集は10月4日(金)までで、飲食店や雑貨店、ギャラリーなど業種は問わず、協力店には専用の標示を設置し、ステッカーや多言語対応のマップも置く。
(8月28日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TV局の女性ニュースキャスター呉宇舒が2月15日(火)深夜、近隣住民による爆竹の音に悩まされ環境保護…
  2.  日本の現代芸術家・奈良美智氏が3月からの個展を控え2月14日(日)、台湾に到着。14日間に…
  3.  台北市士林区で2019年8月、大学生の男子5人が同級生の女子を暴行した件で、士林地方法院は…
PAGE TOP