猛犬ピットブルの事故 後頭部骨折の男児退院

 

台東市卑南郷で2月、猛犬とされるピットブルに後頭部を噛まれ大けがを負った1歳半の男児が、4月17日(火)術後の経過も良好だとして退院した。

ピットブルは闘犬として育種され、力が強い犬種。番犬や護衛犬として利用され、獰猛であるとして飼育を禁じる国もある。

男児は早朝自宅前で犬に噛まれ、泣き声を聴きつけた祖父によって救助された。台東市の馬偕医院に搬送され、医師が後頭部の裂傷と頭蓋骨の圧迫骨折、傷口から脳組織の溢出を確認。3時間に及ぶ修復手術を行い、脳組織の損傷には至らなかった。

医師は度重なるピットブルの事故に飼い主の管理の重要性を説き、注意を呼び掛けている。

(4月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で昨年末より原因不明のウイルス性肺炎が発生。台湾衛生福利部疾病管制署は1月7日(…
  2. 新北市消防局平渓分隊と、基隆市警察局に勤める2人の男性が、近頃結婚することをネット上で公表。公務…
  3. 昨年12月、資金繰りの悪化のため全便の運航を停止している「ファーイースタン(遠東)航空」に対し、…
PAGE TOP