【今週もゴチになります】神楽家(かぐらや)―日本料理―

5周年限定メニュー

 

名古屋に本店を持つ「神楽家」台北店は、今年で開店5周年。凛とした清潔な店構えと落ち着いた明るさは、本物の和食が食べられる安心感に満ちている。

同店の米は、台湾でもおなじみ「北海道ななつぼし」を使用しているが、吸水や冷却、大釜の火加減など日本人料理長のこだわりが行き届いており「台湾で一番おいしく炊いています」と開店時から支配人を務める大岩さんは胸を張る。

現在は満5周年となる4月25日(水)から5月末まで、「限定記念コース」を980元にて提供中。

和の基本にこだわり

1日20食限定の周年メニューは生物、焼き物、揚げ物、煮物と、和食の基本を余すところなく味わえるコース仕立て。「炙り帆立と春野菜の和製ジェノバソース」、「桜エビと湯葉の炊き合わせ」、「日本産蛍烏賊の天ぷら」と旬の味を集めた前菜。また頭付きで仕入れ店でさばく「刺身3種」や、秘伝の出汁と日高昆布で炊いた「トマトのおでん」、2日間漬け込んだ「銀鱈西京焼き」、「うなぎのかば焼き」、「はまぐりの潮汁」、「金山寺味噌」と豊かなメニューの仕上げは、オーダーが入ってから作る「葛切り」を。出来立てを氷水で締め、モチモチの口当たりで本物の和の味を閉じ込めた逸品だ。

ほかに「小倉トースト」(180元)、「味噌カツ膳」(380元)、「ひつまぶし」(880、1480元)などの名古屋名物から「刺身5種盛り合わせ」(980元)、「鯖塩焼き御膳」(350元)など、「食べたい和食」が豊富にそろっている。

今回は1組に1皿「名古屋風手羽先」を贈呈、さらに「アサヒスーパードライ」も半額にて提供。営業時間中はどのメニューも食べられる。

Info

住所 大安区忠孝東路四段45號遠東SOGO忠孝館11階

 TEL 02-8978-5666

営業時間 11時~21時(金・土曜は~21時半、ラストオーダー)

席数 104席

予算 400元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP