延吉街の滷味店で腐乱死体 遺体は店長、死後9日が経過

台北市松山区延吉街にある煮込み料理「滷味」店で、7月24日(火)、同店の店長と思われる遺体が見つかった。遺体は死亡してから数日経過しており、腐敗が進んでいた。

同店スタッフが同日18時半頃出勤し、店のシャッターを開けたところ、遺体を発見。腐敗が進んでいたため、人形と見間違えたが店長の遺体であるとわかり直ちに通報した。

友人によると同店長はうつ病を患っており、状態の悪い時には店を開けないことも多かったという。今月15日(日)を最後に連絡が途絶えていたため、警察は死後9日が経過しているとみて調査。自殺や他殺の可能性は低く、店内の階段からの転落などが死因とみている。

(7月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP