年明け早々の鉄道事故 2人が撥ねられ死亡

 

台湾鉄道では1月1日(月)、2件の人身事故が発生し、乗客およそ2390人に影響が出た。

同日10時頃、新竹駅で乗客の女性がホームから線路に転落し、電車に撥ねられ死亡。また苗栗県銅鑼郷でも同日23時20分、線路で1人が撥ねられ現場で死亡した。

台湾鉄道は2日(火)0時13分時点で乗客の輸送を、1時過ぎに事故処理を完了したことを発表。なお線路に転落した女性は自殺とみられている。

(1月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市樹林区の派出所に勤務する21歳の男性警官が、8月2日(日)午前0時頃、無免許運転のバイクにはね…
  2. 中央流行感染症指揮センターは8月5日(水)の会見で、日本を「中低感染リスク国家」リストから除外。同時…
  3. こだわりの窯焼きピッツァ敦化南路はシャングリラホテルの裏手に、異国のレストランが集ま…
PAGE TOP