タクシー老朽車両買い替え Uber新規定に抗議行動も

台湾交通部は5月27日(月)、老朽化したタクシー車両5000台分の買い替え補助申請を6月3日(月)より受け付けることを発表した。補助金の給付は二段階に分けて行われ、第一段階では稼働年数が12年を超えた車両を対象に、ガソリン車に買い替える場合15万元、ガソリンと電気のハイブリッド車は25万元、電気自動車には35万元が支給される。
また来年には4000台、再来年は3000台と、3年間で計1万2000台分の買い替え補助も計画。いずれも購入直後に補助額の70%が申請でき、残りの30%は6カ月内に交通違反及び乗客からのクレームがなかった場合申請できる。
また29日(水)、配車サービス「Uber」のドライバー30人余りが、行政院前にて今年10月から施行予定の「汽車運輸業管理規則」改正案に対する抗議行動を実施。警察が出動する騒ぎとなった。
(5月29日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. Facebook上の掲示板「爆廢公社」にて1月9日(木)、某企業の忘年会の抽選で救急箱が贈られ、…
  2. 2016年に路上で殺害された女児の母親である王婉諭氏が野党・時代力量から出馬し当選したことに不満…
  3. 空軍の軍用ヘリ「ブラックホーク(黒鷹)」墜落事故で犠牲になった8人の合同葬儀が1月14日(火)、…
PAGE TOP