インフルエンザ猛威 学校機関での伝染

 

台湾全土で近頃インフルエンザが流行。のべ13万人が医療機関の関連科目外来を訪れたことがわかった。

今年のインフルエンザでは52人が合併症を併発し、すでに14人が死亡。1月14日(日)~20日(土)の外来患者数は12万9593人に上り、前週より27%増加した。

直近の4週間で発覚した患者57人のうち44人が学校機関内だという。

(1月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  2. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
  3. 日本のくら寿司株式会社の子会社である「アジアくら寿司」が9月17日(木)、台湾証券市場「タイペイエク…
PAGE TOP