「第56回台北金馬奨」閉幕 『陽光普照』が6冠を制覇

台湾のアカデミー賞と称される「第56回台北金馬奨」の授賞式が11月23日(土)に開催され、チョン・モンホン(鐘孟宏)監督作『陽光普照』が最優秀作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、編集賞の最多5部門および観客賞を受賞した。
2010年の『第四張画』に続き、2度目の監督賞に輝いたチョン・モンホン監督は受賞スピーチで「私の映画はずっとお金にはならないが、夢の中でさえも『アクション!』と叫んでいる。真の情熱があれば、映画を撮る意味が少しずつ実感できる」と語った。
同映画祭の主席を務めたアン・リー(李安)監督は、中国作品が参加を見送ったことについて「失うものはあるが、今年の作品は往年と比べても見劣りしなかった。アットホームなのもいい。結果にも皆が満足している」と述べた。同映画祭が90年代に民間の主催で始まったことに触れ、「いかなる政治の影響も受けず、映画制作の団結力で互いに支え合う、すべての中国語作品にとっての表現の場であることを願う」と強調した。
(11月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP