「第56回台北金馬奨」閉幕 『陽光普照』が6冠を制覇

台湾のアカデミー賞と称される「第56回台北金馬奨」の授賞式が11月23日(土)に開催され、チョン・モンホン(鐘孟宏)監督作『陽光普照』が最優秀作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、編集賞の最多5部門および観客賞を受賞した。
2010年の『第四張画』に続き、2度目の監督賞に輝いたチョン・モンホン監督は受賞スピーチで「私の映画はずっとお金にはならないが、夢の中でさえも『アクション!』と叫んでいる。真の情熱があれば、映画を撮る意味が少しずつ実感できる」と語った。
同映画祭の主席を務めたアン・リー(李安)監督は、中国作品が参加を見送ったことについて「失うものはあるが、今年の作品は往年と比べても見劣りしなかった。アットホームなのもいい。結果にも皆が満足している」と述べた。同映画祭が90年代に民間の主催で始まったことに触れ、「いかなる政治の影響も受けず、映画制作の団結力で互いに支え合う、すべての中国語作品にとっての表現の場であることを願う」と強調した。
(11月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市大安区の広東料理レストランが、ミシュランガイドの審査基準が不明瞭だとして調査員の訪問を拒否、…
  2. 説明しよう! 「必勝日本」は中国語では「日本に必ず勝つ」という意味である! 中国語では、基本的に目…
  3.  血糖値をコントロールする糖尿病の治療薬「易週糖」をダイエット目的で使用する人が増加、世界的に品薄と…
PAGE TOP