10周年iPhoneX(テン)発表 台湾での価格高騰に失望の声

 

米アップル社は台湾時間9月13日(水)深夜、新製品に関する発表会を開催。この席上で10周年記念版iPhoneXをはじめとする3機種の全貌が明らかになったが、その価格に〝愛瘋〟と呼ばれる台湾のファンは不満を漏らしている。

今回発表されたのは、iPhoneX、iPhone8、iPhone8plusの3機種。iPhoneXは64GBが台湾元で3万5900元、256GBが4万1500元で販売される。アメリカでは64GB版が999ドルで、台湾元に換算すると3万100元に相当。これに輸送費や関税などを含めたものが台湾での販売価格となるが、これらを消費者に負わせるのは不当だとする声もある。また8は2万4500元~。

なお、8は9月15日(金)、Xは10月27日(金)に予約受け付けを開始。同時に発表されたワイヤレス充電ポートは発売日未定。

(9月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽…
  2. Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。…
  3. 高雄市に住む3歳の女児が1月20日(日)、父親に連れられ出かけたガソリンスタンドにて、高圧の空気…
PAGE TOP