10周年iPhoneX(テン)発表 台湾での価格高騰に失望の声

 

米アップル社は台湾時間9月13日(水)深夜、新製品に関する発表会を開催。この席上で10周年記念版iPhoneXをはじめとする3機種の全貌が明らかになったが、その価格に〝愛瘋〟と呼ばれる台湾のファンは不満を漏らしている。

今回発表されたのは、iPhoneX、iPhone8、iPhone8plusの3機種。iPhoneXは64GBが台湾元で3万5900元、256GBが4万1500元で販売される。アメリカでは64GB版が999ドルで、台湾元に換算すると3万100元に相当。これに輸送費や関税などを含めたものが台湾での販売価格となるが、これらを消費者に負わせるのは不当だとする声もある。また8は2万4500元~。

なお、8は9月15日(金)、Xは10月27日(金)に予約受け付けを開始。同時に発表されたワイヤレス充電ポートは発売日未定。

(9月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP