桃園の自動車部品工場で火災 消防員5人と工員2人が死亡

 

回路基板メーカー「敬鵬」の桃園市平鎮工場で、4月28日(土)夜火災が発生。緊急出動した消防員5人と、工場に勤務するタイ人労働者2人が死亡、消防員2人が重傷を負い、病院で治療を受けている。

工場は5階建てで、ディーゼルオイル2000リットルが貯蔵されていた。桃園地方検察署は29日(日)午前、主任検察官と監察医による遺体検分を行い、工場長ら8人からの聴取と工場内設備と保管材料を確認、火災の原因について調査を進めている。亡くなった工員の1人は遺体の損傷が激しく、DNA鑑定を行う予定。また7人の遺体を司法解剖に回し、それぞれの死因についても詳細を明らかにしていく方針だ。

同社の董事長・黄維金は火災発生から17時間に渡り行方をくらませていたが、29日(日)14時半、主任ら10人を伴い弔慰金を持参して殉職した消防員の遺族を慰問。警察や政府の調査に協力し、火災が発生した原因を究明すると話した。しかしながらマスコミから7人への謝罪について尋ねられると、これには堅く口を閉ざした。

(5月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP