世界競争力レポート発表 台湾は15位、1位はスイス

 

スイス・コロニーに本部を置く「世界経済フォーラム」は9月27日(水)、「世界競争力レポート」2017年版を発表。137カ国中、台湾は昨年より順位を1つ下げ、15位にランクインした。

9年連続で1位を獲得したスイスでは、インフラや教育面での整備が進む。アジアからはシンガポールが3位、香港が6位、日本が9位。韓国と中国はそれぞれ26位と27位だった。

またホテル価格比較サイト「ホテル・コンバインド」は近頃、「月の鑑賞スポット5」を公表。中国の西湖、日本の嵐山、チリのアタカマ砂漠・月の谷に並び、台湾の101が選ばれた。

(9月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP