世界競争力レポート発表 台湾は15位、1位はスイス

 

スイス・コロニーに本部を置く「世界経済フォーラム」は9月27日(水)、「世界競争力レポート」2017年版を発表。137カ国中、台湾は昨年より順位を1つ下げ、15位にランクインした。

9年連続で1位を獲得したスイスでは、インフラや教育面での整備が進む。アジアからはシンガポールが3位、香港が6位、日本が9位。韓国と中国はそれぞれ26位と27位だった。

またホテル価格比較サイト「ホテル・コンバインド」は近頃、「月の鑑賞スポット5」を公表。中国の西湖、日本の嵐山、チリのアタカマ砂漠・月の谷に並び、台湾の101が選ばれた。

(9月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市中和区のドラッグストアに勤務する男性が、昨年2月、同社幹部の送信したLINEメッセージを読むの…
  2. 中秋節・国慶節の連休最終日となった10月10日(火)、交通部はラッシュ緩和を目的…
  3. 台南市西港区にある塗料・接着剤工場にて10月11日(水)正午頃火災が発生。消防車…
PAGE TOP