筆談の落とし穴 vol.32 ~ 空が晴れて「天晴」だ!

説明しよう!

 「天晴」は中国語で「空が晴れる、天気が良くなる」という意味である! 日本語の「天晴れ(天晴)」は「哀れ」と同じ語源を持ち、感動詞の「あはれ」が促音化して意味を強めたものだそうだ。漢字は音や意味から連想された当て字で、語源とは無関係だという。ちなみに日本語の「天晴れ」に当たる中国語は「佩服」などという。

 会話中、山本さんは王くんが大きな契約を取ってきたことに感動し、賞賛の想いを伝えようとしたのだが、王くんは文字通り「空が晴れた」と受け取っただけだった。

 山本さん! 王くんから一風変わったてるてる坊主をプレゼントされたら、喜んで受け取ってあげよう。さらに窓際に掛けてやれば、王くんはきっと契約以上に顔をほころばせるに違いない! そして王くん、君のうろ覚えで作るてるてる坊主では晴れないかもしれない。せめてネットで調べてから作ろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ネットインフルエンサーの「晚安小鶏」ほか1名がカンボジアで犯罪被害の自作自演動画を撮影し拡散させた件…
  2. 問台湾のカフェを巡るのが大好きなのですが、コーヒーを漢字で書くと日本では「珈琲」、台湾では「咖啡」…
  3. 昨年8月、新竹市に住む男宛てに、タイから大麻の苗が郵便で届いた件で、新竹地方法院はこの度、第二級麻薬…
PAGE TOP