筆談の落とし穴 vol.8 ~泥の棒で「泥棒」逮捕!?~

説明しよう!

「泥棒」は、中国語ではそのものズバリ「泥の棒」以外の何物でもない! 日本語で言うところの「泥棒」を指す中国語は「小偸」または「盗賊」を用いる。

「泥棒」の語源については諸説あるが、もとは「押し取る」という言葉に「人」を表す「坊」が付いて「押取坊」となり、それがさらに転訛して「泥棒」になったとする説が有力である。
会話中、王くんは「泥棒」を泥で作った棒と誤解し、その棒の価値について考察を行ったのだ。その考察の行き着いた先がレンコンというのは、なんとも呑気な王くんらしい発想と言えなくもない。

王くん! レンコンは穴がたくさん開いていて「先を見通す」縁起の良い食べ物だから、まずは自分で食べて先を見通す力をつけよう! そうすれば、スマホを失くすこともそうなくなるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. カンボジアでの求人に応募した台湾人の若者らを狙った詐欺事件が、近頃相次いで報告され、航空警察局と刑事…
  2. 近年、SNSで大人気の「アフタヌーンティー」。スコーンにサンドイッチ、ペストリーを3…
  3. 東京の自由が丘に本店を置くこちらのお店。スフレパンケーキの有名店で、シンガポ…
PAGE TOP