【トリビア~ン台湾】Vol.66 台湾の宝くじで運試ししてみる!?

 

黄色のお店の看板に1億とか2億とか書いてあるのを路上でよく見かけるんですが、あれは宝くじ屋さんなんですか?

 

 

はい、そうです。週2回抽選のあるロトを中心に、各種のスクラッチ式の宝くじを販売しており、「威力彩」なら最大で2億元の当選金があります。

 

<解説>

ポピュラーなのは「大楽透」といって、1~49の数字の中から6つ選ぶタイプ。当選確率は1400万分の1で、当選金額は最大1億元です。大きく当てたいならやはり38の数字から6つ、1~8の中から1つを選ぶ「威力彩」。確率は2200万分の1。どちらも当選者がいない場合は持ち越されるので、時には20億元を超えることも。スクラッチはその場ですぐ結果がわかる手軽さがいいですね。高額の場合は中国信託銀行で引き替えられます。



通りすがりに運試し!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP