【トリビア~ン台湾】Vol.66 台湾の宝くじで運試ししてみる!?

 

黄色のお店の看板に1億とか2億とか書いてあるのを路上でよく見かけるんですが、あれは宝くじ屋さんなんですか?

 

 

はい、そうです。週2回抽選のあるロトを中心に、各種のスクラッチ式の宝くじを販売しており、「威力彩」なら最大で2億元の当選金があります。

 

<解説>

ポピュラーなのは「大楽透」といって、1~49の数字の中から6つ選ぶタイプ。当選確率は1400万分の1で、当選金額は最大1億元です。大きく当てたいならやはり38の数字から6つ、1~8の中から1つを選ぶ「威力彩」。確率は2200万分の1。どちらも当選者がいない場合は持ち越されるので、時には20億元を超えることも。スクラッチはその場ですぐ結果がわかる手軽さがいいですね。高額の場合は中国信託銀行で引き替えられます。



通りすがりに運試し!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP