【トリビア~ン台湾】Vol.41 台湾の人が笑って喜ぶ言葉って?

台湾の人が「アイーン」や「変なおじさん」など日本の一発ギャグをすると笑ってしまいますよね。日本人が言うと台湾の人が笑顔になる言葉はありませんか。

残念ながら、台湾に一言で笑いをとれる言葉はありません。会話の中で笑いをとる感じです。ただ、日本人が台湾語を話すのは喜んでくれますよ!

<解説>

以前の記事にも登場した「歹勢(パイセー=すみません)」や「黒啊(ヘヤー=そうですね)」もそうですが、謝謝の代わりに「多謝你(ドウシャーリー)」を使うと、おおーあなたは台湾語もできるんですか!? と笑って喜んでくれますよ。タクシーを降りる時など簡単な場面で挑戦してみましょう。また市場で「挖賊錢(ワ ゼージィン=いくらですか)?」と聞いてみると、笑ってくれるだけではなく、おまけしてくれるかもしれません!

台湾語と北京語の違い、很好玩!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP