【今週もゴチになります】小倉屋(こくらや)―うなぎ、日本料理―

保ち続ける本家の味

MRT國父紀念館駅2番出口から2分、閑静な路地にあるうなぎ・日本料理店「小倉屋」。本家は福岡は小倉のうなぎ専門店「田舎庵」、ミシュランガイドのビブグルマンに選ばれる名店だ。

その海外1号店として本家と同じ品質を保つため、うなぎは限りなく天然に近い環境で育てられた最高級「露地池鰻」、米はうなぎに合う北海道の「ななつほし」、タレには台湾で創業百年の「丸荘醤油」を使用するなど、素材選びには並々ならぬこだわりがある。

日本でうなぎといえば、蒸し焼きの関東風と地焼きの関西風がある。台湾では関東風が多いなか、同店は関西風をベースに、本家独自の「うなぎに火をたくさん食べさせる」という珍しい調理法を採用。弱火で20分近くじっくり焼き、芯までしっかり火を通すことで川魚特有の野性味が消え、表面はサクッと、身はふんわり仕上がる。

今月からの新メニュー

今月一新したメニューから、新登場の料理を紹介しよう。「特選うなぎセット」(1050元)はメインのうな重に、うざく、骨せんべい、肝焼き、ひれ焼き、白焼きと、うなぎ尽くしの豪華セットだ。白焼きはわさび醤油で、また山椒や塩と合わせてもいい。イクラに柚子明太子を載せた「三味うな丼御膳」(1060元)は福岡の名産である明太子と大粒のイクラ、香ばしいうなぎのマリアージュがまさに口福。

来月の端午節を前に「うなぎ粽」(880元/4個)も予約受付中。うなぎに錦糸卵、キノコ類などを詰め込んだ毎年恒例の商品で、早くも注文殺到の人気ぶりだとか。予約はお早めに。

今週は読者限定で「肝焼き」をサービスする。じわじわと暑くなってきた台湾、うなぎで暑気払いといこう。

Info

住所 大安区光復南路280巷27號

TEL 02-2721-8555

営業時間 11時半~14時45分(土日は11時~)、17時~20時45分(月曜定休)

席数 60席(テーブル50席、座敷10席)

予算 600元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. バックナンバーはコチラ第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回台湾…
  2. 新型コロナウイルスによる感染症が「第五類法定伝染病」から「第四類」に変更されることを受け、近頃各所で…
  3. 中央流行感染症指揮センターは5月17日(火)、新型コロナウイルスに感染した人の濃厚接触者について、ワ…
PAGE TOP