【今週もゴチになります】おむすび本丸 日本精米所 —おむすび屋—

日本の母の味を再現

日本で暮らした5年間、よくおにぎりを作って食べていたというオーナー・NiNiさん。「外食が日常化した台湾で、日本のおふくろの味・おにぎりをリーズナブルに提供したい」と語る彼女は今年6月、大安駅から徒歩2分の好立地に「おむすび本丸 日本精米所」を開店させた。

正午になるとサラリーマンや学生で賑わう。そのお目当ては、もちろん12種類の握りたて「おにぎり」(各40元~/130㌘)だ。王道の鮭をはじめ、明太子、昆布などのほか、台湾でも親しみやすいようにと開発した混ぜご飯も好評。

人気ナンバーワンの「たまご明太」は、炒り玉子と明太子にネギを混ぜたオリジナリティ溢れる一品。またおかかおにぎりにとろけるチーズをのせた「チーズ焼きおかか」は、若者好み。日本でも大ヒットの天かすと青のり入り「悪魔のおにぎり」も見逃せない。

おにぎりの命でもある米は、日本産コシヒカリ×台農67号を掛け合わせ改良したものを使用。ふっくらツヤが出るよう、毎朝冷水に浸して炊くこだわりぶりだ。

バランス◎のおにぎり定食

定番メニューは「おにぎりとおかずセット」(75元~)。「卵焼き」、「きんぴら」など日本の母の味のほか、ジューシーな和風「唐揚げ」(30元/4個)プラスしてほっこりしよう。

ほかに定食もあり、今回ジャピオン限定で特価109元となる「秋の限定定食」は、塩むすび(80㌘×2個)に小鉢4品付き、メインには焼きサバまたは豚ロース焼きをチョイスできる。ボリュームアップしたい時は、シェフのオススメおにぎりに和牛握り寿司一貫、天ぷら5品付きの「本丸定食」(160元)を。すべてのセット、定食も味噌汁と麦茶がおかわり自由。体調を崩しやすい季節の変わり目、食べ慣れたヘルシーおにぎりで健康を取り戻そう!

Info

住所 大安区信義路四段30巷3號

TEL 02-2708-7357

営業時間 11時半~14時半、17時~21時(土曜11時~、日曜9時~、ラストオーダー20時)

席数 30席

予算 120~150元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中の南湖大山を6月29日(月)に訪れた登山客が、山中のハイキングコースで1匹のピットブル犬を目撃。…
  2. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  3. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
PAGE TOP