TV局が故意に誤報道 罰金160万元の処分

国家通訊伝播委員会(NCC)は、TV局「中天新聞台」に対し、故意に民意を誘導する報道を行ったとして7月24日(水)、同局に対し160万元の罰金処分を下した。
同局は今年3月27日、関西国際空港のフェイクニュース問題で処罰されたと報道。しかしその際の処罰はほかの報道内容に関するものであり、事実と異なることが判明。さらに韓國瑜絡みの報道が多すぎると視聴者からの告発もあった。
(7月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. Facebook上の掲示板「爆廢公社」にて1月9日(木)、某企業の忘年会の抽選で救急箱が贈られ、…
  2. 2016年に路上で殺害された女児の母親である王婉諭氏が野党・時代力量から出馬し当選したことに不満…
  3. 空軍の軍用ヘリ「ブラックホーク(黒鷹)」墜落事故で犠牲になった8人の合同葬儀が1月14日(火)、…
PAGE TOP