ポケットからマスク落下 不法投棄で罰金処分

 高雄市で昨年11月、バイクで走行中の学生がポケットからマスクを落とし、環境保護局から3600元の罰金を科され、同局に対し処分の撤回を求めていた件で、同局はこの度学生の訴えを退けたことがわかった。

 

 学生がマスクを落とした状況は後続車両のドライブレコーダーに記録されており、摘発があったという。同局は故意でなく過失であったにせよ、ゴミの不法投棄と見なし処分を確定させた。

(2月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市中山区の花博爭豔館で10月13日(水)、新型コロナウイルスの大規模接種に多くの高齢者が訪…
  2. 圖/udn 台北市の林穎孟・市議が10月12日(火)、日本から送られたAZ製…
  3.  新竹縣尖石郷で10月10日(日)、54歳の男性がピットブル種の犬に大腿部を噛まれ死…
PAGE TOP