ポケットからマスク落下 不法投棄で罰金処分

 高雄市で昨年11月、バイクで走行中の学生がポケットからマスクを落とし、環境保護局から3600元の罰金を科され、同局に対し処分の撤回を求めていた件で、同局はこの度学生の訴えを退けたことがわかった。

 

 学生がマスクを落とした状況は後続車両のドライブレコーダーに記録されており、摘発があったという。同局は故意でなく過失であったにせよ、ゴミの不法投棄と見なし処分を確定させた。

(2月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TV局の女性ニュースキャスター呉宇舒が2月15日(火)深夜、近隣住民による爆竹の音に悩まされ環境保護…
  2.  日本の現代芸術家・奈良美智氏が3月からの個展を控え2月14日(日)、台湾に到着。14日間に…
  3.  台北市士林区で2019年8月、大学生の男子5人が同級生の女子を暴行した件で、士林地方法院は…
PAGE TOP