コロナ保険に申し込み殺到 500元で加入の手軽さ仇に

 桃園医院の新型コロナウイルス集団感染を受け、損害保険大手の「台湾産物保険」が販売する「法定感染症保険」商品が人気となり、同社は1月25日(月)17時で受け付けを停止した。

 同社では昨年12月末に同商品を発売。台湾籍で75歳以下であれば誰でも加入でき、新型コロナウイルスのほか、SARSや麻疹、デング熱、ジカ熱、インフルエンザ、狂犬病などの感染症に関し、自宅隔離、集中隔離、隔離治療など5つの状況に応じ補償を受けることができる。保険料は250元、500元で補償額はそれぞれ最大5万元と10万元と手軽に加入できることから人気を呼び、25日(月)台北駅前の本店前には申し込み希望者が殺到。同社は17時の時点で中には6~7時間並んだ人もいるという。

 なおこの状況を見た人々から「感染リスクを考慮すべき」「人が集中する場所を作っている」といった声も上がった。

(1月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣林内郷の国道3号線で、3月31日(日)朝8時頃、ルリマダラの大量発生が観測された。交通部高速公…
  2. 問近頃、YouBikeが最初の30分無料になったので、なかなか自転車をゲットできません。そこにポツ…
  3. ネット掲示板に近頃、台北市内の路上に置かれた公共のゴミ箱に、外国籍とみられる人物が自宅またはホテルか…
PAGE TOP