監視システムで違反者検知 規定破り年末イベントに参加

 

 中央流行感染症指揮センターは1月1日(金)、桃園市内で12月31日(木)夜に行われたロックバンド「五月天」のコンサート会場にて、自主隔離対象者7名を確保したことを発表した。

 同センターでは入国後14日間の隔離御、さらに7日間の自主隔離を要請、期間中は年末の大型イベントへの参加を禁じていた。今回は「天網」と呼ばれる監視システムを初めて使用し、イベント会場に〝電子フェンス〟を設置。遠隔操作で隔離対象者の携帯電話と連携させ、会場近くに出現した場合自動的に主催者側へ通知される仕組みで7名を探し出した。また台北市のカウントダウンイベントでも同システムを活用し、周辺にいた対象者30数名に退去を促した。

 一方で、同システムについて「人権の侵害」と批判する声もある。これに対し同センターは「収集した情報は感染症予防にのみ使用し、28日後には破棄すると規定している」と説明している。

(1月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP