永和バラバラ殺人事件 米籍主犯に無期懲役

 高等法院は1月13日(水)、新北市永和区で2018年に発生した殺人事件の主犯の男を無期懲役とし、さらに公民権を永久に剥奪、刑期満了後の国外追放を言い渡した。

 

 男はアメリカ籍で、18年8月に共犯の男らと共に知人のカナダ籍男性を殺害。頭部や腕、脚を切断し河畔に遺棄した疑いで拘束されていた。共犯の3人はそれぞれ12年6カ月、1年6カ月、6カ月の懲役刑。

(1月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TV局の女性ニュースキャスター呉宇舒が2月15日(火)深夜、近隣住民による爆竹の音に悩まされ環境保護…
  2.  日本の現代芸術家・奈良美智氏が3月からの個展を控え2月14日(日)、台湾に到着。14日間に…
  3.  台北市士林区で2019年8月、大学生の男子5人が同級生の女子を暴行した件で、士林地方法院は…
PAGE TOP