小学6年男児に性的暴行 女教師が妊娠・出産も

桃園市で小学校の女性教師が、小学6年生の男子生徒に対し性的暴行を加え妊娠、出産していた件で、桃園地方法院はこの度女に対し17年6月の懲役刑を課す一審判決を下した。
調べによると女は同年2月から1カ月に一度の頻度で男子生徒を休憩室やトイレに呼び出し計9回暴行。妊娠し、翌年5月に出産したが、女が服役中子どもは男子生徒の家族が引き取る可能性があるという。

(11月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 気温が36度を超える猛暑日が続き、卵用鶏が熱中症により大量に死亡する事態が発生している。…
  2. 台北市信義区の幼稚園で昨年8月、教員の男による児童への猥褻行為が発覚した件で、家族からの通報により少…
  3. 台北市のMRT中山駅から雙連駅に跨る商業エリアで、近頃、飲食店など約100店が「土地使用条例」に違反…
PAGE TOP